POSシステムで面倒な管理をパパッとやっちゃいましょう

ビジネス目的での長期滞在

握手

現地経済への貢献度を考慮

これから新しいビジネスを始めようと考えている人にとって、日本よりも税制面その他の条件に恵まれた香港は魅力的な地です。法人税が安い上に中国本土とも密接な経済関係を持つ香港は、日本人の間でも会社設立の舞台として多く選ばれています。現地に会社を設立してビジネスを展開するためには長期滞在も必要ですが、日本のパスポートを持つ人が香港でビザなし滞在を認められるのは90日以内に過ぎません。それも観光などを目的とする滞在に限られるため、ビジネス目的での長期滞在には就労ビザまたは投資ビザの取得が必要です。いずれの場合でも香港入国管理事務所等に申請書類を提出しなければなりませんが、申請が認められるには一定の条件を満たす必要もあります。中でも就労や会社設立を目的とする長期滞在では、香港経済に対する貢献度が評価されるという点を考慮しなければなりません。その業務やポストが香港の人では遂行困難なのかどうか、申請を認めることで香港経済の発展や現地雇用の拡大といったメリットにつながるのか、といった点が検討されるのです。香港ではビザの審査が他国と比べて厳しいと言われており、取得に一度失敗した場合は再申請しても取得が難しくなります。申請書類の書き方によっても成否が大きく変わってくるため、多くの人はビザサポート会社を利用して事前に入念な対策を練っているものです。サポート会社ではビザ申請に関わる煩雑な手続きをサポートしており、申請が通りやすくなるよう書類の書き方なども指南してくれます。香港での会社設立を支援しているコンサルティング会社でも、ビザ取得をサポートしている事例は少なくありません。いずれも独力で就労ビザや投資ビザを取得しようとする場合に比べて、申請が通る確率は格段に高まります。入念な事業計画や雇用計画が認められてビザが取得できたら、無限の可能性を秘めた香港でのビジネスも早期にスタートできるのです。